CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECOMMEND
ロッタちゃんとじてんしゃ
ロッタちゃんとじてんしゃ (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン,ヴィークランド,やまむろ しずか
幼い頃からの私のたからもの
OTHERS
QR CODE
qrcode
カウンター



なかのひと.jp
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インドの交通事情1


インドに交通ルールはあるのでしょうか。
デリーの空港を出た瞬間、耳をつんざくクラクションの嵐。
クラクションが「ブッブー」だけでなく
「ビビー」、「ヴァヴァヴァ」など
色々あるのだと初めて気がつきました。

ホテルまでの車の中で、つまり最初のドライブで、
隣の車がぶつかりそうになったのは、一度や二度ではありません。
2車線あれば、3列で。
3車線あれば、4列+バイクの列で。
追い越しは対向車線をフルに使って。
赤信号で車が列になっているなら、
分離帯を超えてでも対向車線を突っ走って追い越して行っちゃえ!
基本、クラクション、パッシング。あおってなんぼってことね。
次第にそれがインドの交通ルールなのだとわかりました。
というのも、トラックの後ろには
「BLOW HORN(クラクション鳴らしてね)」
と書いてあります。
他にも「HORN PLEASE」とか「HORN OK」なんかがあります。
でもどうやらこれは北部の言い方みたいで、南の方に行くと
「SOUND HORN」となっていました。
いずれにせよ、鳴らすのが礼儀なのね。
日本じゃ、あまり鳴らさないように教えられますが
何もかも「ところ変われば」ですね。


(http://www.dnaindia.com/report.asp?NewsID=1031284から拝借)

そうそう、トラックの後ろに書いてある言葉で気になるものが。
「USE DIPPER AT NIGHT」
・・・DIPPERってなんだろう?
夜はクラクションでなく、パッシングライトを使えってことなのかな?
インドにいる間は漠然とそう思っていましたが、
帰ってから調べてみたら、ヘッドライトの減光装置のことらしいです。
・・・ってか、ヘッドライトの減光装置ってなに?ロー・ビームのこと?
私は「普通の明るさか、ハイ・ビームか」と思っていましたが
「普通の明るさ(ハイ・ビーム)か減光か」なのか?

もう一つ、気になる言葉。
「WE TWO OURS ONE」
これは昔「WE TWO OURS TWO」だったそうです。
何のことかすぐにはわからなかったのですが、
「子供は一人にしましょう」という標語らしいです。
・・・なんでそんなのをトラックに書くのよ。

ところで、インドには教習所なるものはあるのかと聞いてみたら
あるのだそうです。一応。
申し込みに行くと、「じゃ、明日○○時に迎えに行くから出て来てね」
と言われ、早速「はい、乗って」となるのだとか。
いきなり、あの無法地帯に放り出されるのか?!
「習うより慣れろ」ってことね。
そういう実地体験を何回か経て、
ちゃんとペーパーの試験があるのだそうな。
でも、これ、教習所にお金を払っている人は、何を書いても合格。
・・・ちゃんと日本で免許とって良かった。
| trip to India 2006 | 15:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
インドの飛行機事情


日本からインド、インドから日本の飛行機はAIR INDIAを利用しました。
先生の荷物が重くなることはわかっていたので、
事前に飛行機会社に連絡して了承を得ていたらしいのですが
チェックイン時は、やはり手こずります。
去年は追加料金を払わされたそうです。
「今年は交渉よろしく」と先生に言われ、私もがんばりました。
こういうのはとにかく言ったもん勝ち。
捲し立てるようにこちらの言い分を伝えたら、通りました。半分、喧嘩です。
最近厳しくなってていやですね。

で、ここの飛行機、離着陸時にものすごく危険な音がするのです。
今にも機体が分解してしまうのではないかという心配さえさせるような。
私は窓際に座っていたのですが、振動がただものではない。
「こわいな・・・」と思いながら、着いたのは経由地の香港。
乗務員のおばさんが、ペンチを持って通路を移動します。
「・・・ありえない、ありえない、ありえない。」
そう言い聞かせても、
ペンチで機体を修理するおばさんの姿が脳裏によぎります。
テレビの画面もカーテンの向こうに見えるビジネスクラスはカラーなのに
なぜかこちらの客室だけ白黒だし、
色んな場面で古さを感じる飛行機でした。
無事に着いて、あーよかった。

インド国内ではJET AIRWAYSという飛行機を利用。合計7便乗りました。
ここは機内食が結構おいしいと評判なのだそうです。
乗っている時は「こんなもんだろう」と思っていましたが、
確かに、帰りのAIR INDIAで出た機内食を食べて、
「JETの機内食はおいしかったな」と感じました。
まあ、カレーなんですけれどね。
でも日本の国内線って機内食出たかしら?
JETは離陸後すぐライムジュース(なぜか塩入り)が出て、
キャンディーいっぱいのバスケットを持って回って来て、
機内食サービスのあと、コーヒー/お茶がやって来ます。
で、あっという間に着陸です。
たった1時間半ほどの飛行機でもこれが全部あるので
乗務員の人たちは休む間もなく、大忙しです。
航空業界も競争が激しいんでしょうね。
至れり尽くせりとはこのことです。

しかしこのJETでもトラブルが。
チェックイン時、おそらく新入社員っぽい人に一度あたりました。
なんとなく、作業がトロい。実際、何度も間違えるし。
ようやく発券を受けて、一安心・・・と思ったら
流れて行く預け入れ荷物を見ていた先生が
「タグに3つ空港コードがある!」と恐ろしい一言。
自分の手元に残ったシールを見ると
確かに乗り換えのための最初の目的地と、最終目的地と、
関係のない空港コードが!
急いでまた頼りないお姉さんに訴えて荷物を引き戻してもらいました。
あぶない、あぶない。
危うく自分の荷物が出てこない羽目になるところでした。

そういえば、AIR INDIAの経由地の香港で、そのまま乗っている乗客は
座席番号を書いたシールをペタリと貼られるのですが
両方とも9Hでした。
行きも帰りも同じ座席なんて、偶然にしてもびっくりです。
あんなにたくさん座席があるのにね。
| trip to India 2006 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
back in Japan


「帰ってまいりました」
というご報告が出来ないまま、気づけば一週間近く経ってしまいました。
ごめんなさい。
連絡をくれた方、アドバイスをくれた方、
全然更新されないここを覗いていてくれた方、
そしてこっちでじっと帰りを待っていてくれた方、どうもありがとう。
何とか無事に日々の生活に戻りつつあります。
まだ部屋はごった返していますが。
今、遠くで「それはいつものこと」という声が聞こえた気がします。

あちらの話は追々書いていくこととして。
お騒がせしたデジカメデータの件、
今、復旧ソフトを使って無事解決しました!
346枚、完全復旧です。
次々に撮った覚えのある写真がポンポン出てくる様は感激です。
ついでに、出発前に消していったネルの写真まで出てきました。
すごい、すごい。

なんで今頃かって?
いやね、帰ってからつい今さっきまで、
他の写真の確認さえ出来ていなかったのですよ。
明日、先生のコンパクトフラッシュとカメラを返しておきたいので
とにかく今夜には整理しておかねばならなくて。

それにしても日本にいると、どうしてこんなにバタバタするのでしょう。
ホントはのんびりお家でお茶でも飲んで、
好きなもの作って、
ピアノでも弾いて、
本読んで、
たまに原稿書いて、
犬と遊んで、
お昼寝して、
散歩して、
また何か作って、
毎日を過ごしていきたいのに。
そんな生活を目標にする
バタバタするばかりの日々に帰ってきたのだなと実感。

昔はどこか遠くに行きたくて、
日本以外の場所に住みたくて、
くるくる巻き毛の子供を産むのだ!と、いろんな言葉を勉強したりもしたけれど
今になってみると、やっぱり私の居場所はこっちみたい。

あー・・・2時間半後には起きなくちゃ。
| trip to India 2006 | 02:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
somebady, help me!


i got a trouble here, which is... well, i am gonna write about it as a comment later.
| trip to India 2006 | 21:36 | comments(12) | trackbacks(0) |
Namaskaar from India


NAMASKAAR (hello)!
see the photo above. it's "deco-truck" in india!!!
| trip to India 2006 | 14:49 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |