CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECOMMEND
ロッタちゃんとじてんしゃ
ロッタちゃんとじてんしゃ (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン,ヴィークランド,やまむろ しずか
幼い頃からの私のたからもの
OTHERS
QR CODE
qrcode
カウンター



なかのひと.jp
<< ネルパパとじゃじゃ | main | 福岡旅行2日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
福岡旅行1日目
九州国立博物館

先週末1泊2日で福岡に行ってきました。
ホテルは超駅近。2時前に到着。
まずはチェックインしてすぐに向かったのは
福岡駅前地下街にあるラーメン屋さん。

「一蘭」というそのお店は、
東京に住む友人たちのお気に入り。
それは一度食べてみなくては!でも京都にはない!とのことで、
折角の福岡旅行、行かない手はない。
前もって場所を調べておきました。
電車の中ではお弁当も食べず、
じゃがりこと野菜ジュースで我慢していたので、
丁度いいお腹の空き加減。
それにしても1人でラーメン屋さんに入るなんて、
初めてのことなのでドキドキ。
1席ごとに仕切りがあって、カウンターの前にはのれん。
なんとも閉鎖的な不思議空間に、これまたドキドキ。
たくさん汗をかいたのは、アツアツラーメンのせいだけではないかも。

お腹も満足したところで、電車を乗り継いで太宰府へ。
電車は乗り換えなければならず、面倒でしたが、
駅についてからはすぐに参道。
観光客もいっぱいで、楽しい旅行気分もいっぱいです。

大宰府天満宮

で、目指すは九州国立博物館。

九州国立博物館

九州国立博物館

境内を通り抜けて、
エスカレーター(噂のシンドラー社製)を上がり、
「動く歩道」で博物館へ。
緑や青、赤に次第に変化する照明は、ちょっと遊園地風。
そういえば翌日、この動く歩道に盲導犬が乗っていました。
歩いてはおらず、立ち止まって。
で、「歩道」の終わりでは、ガクッとよろけていました。
確かに下りるの難しいよね。人でも犬でも。

長い暗闇のあと屋外に出ると、見えるは博物館本体。

九州国立博物館

博物館というより、パビリオンのような建築。
でも、嫌いではありません。

さて、なぜここに来たかというと、
学会があったからです。
年に一度の全国大会。今年は九州。
遠いけどそれを理由にプチ旅行もいいかも。
後半の発表を聞いて、夜は懇親会。

九州国立博物館

場所はそのまま博物館のエントランスホールです。
初めてお会いする先生方とお話をして、ちょこちょことお料理をつまみましたが、
「食べたりないねー」と言うのは学長こと我が師匠。
「ラーメン食べに行こう」と言われましたが、
「お昼ラーメンだったのでいやです。」ときっぱりお断り。
福岡駅でお魚を食べにいきました。

まずはアジのお刺身。
モチモチの食感に、九州独特の甘いお醤油。
生姜ではなくワサビでいただきました。
「おいしいー」といいながらふと目をやったアジの背骨。
3枚におろされた真ん中のところです。
ヒレがピクピク動いている!!!
活け造りだったとは。そりゃおいしいはずだ。
お店の人が、から揚げにしてくれました。
これまたサクサク、おいしい!!!

次に出てきたのはカワハギのお造り。
フグの薄造りのようにあっさりと、でも肝はこってりと。
福岡ってお魚おいしいなー。

他にも長いもの鉄板焼きなんかを食べて焼酎もいただいて、
満腹になったところで、「ごちそうさまでした!」
| つれづれにもろもろを | 14:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 14:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lamm.jugem.jp/trackback/104
トラックバック
http://ricky904.info/83478358834A838C815B835E/
エスカレータが併設されているスーパーエスカレーター(Escalator)とは、主として建物の各階を移動する目的で設置・利用される階段状の輸送機器である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Histo
| 建築って何? | 2007/10/18 2:38 PM |