CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECOMMEND
ロッタちゃんとじてんしゃ
ロッタちゃんとじてんしゃ (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン,ヴィークランド,やまむろ しずか
幼い頃からの私のたからもの
OTHERS
QR CODE
qrcode
カウンター



なかのひと.jp
<< じゃじゃの妹弟:Day 35 | main | 日本美術ツアー2:織田瑟々桜画展@西蓮寺 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本美術ツアー1:与謝蕪村展@MIHO MUSEUM
IMG_2644.jpg

研究室の田○先生に誘われて、
滋賀県のちょっと遠くまでお出かけしてきました。
参加者はその田○先生(日本美術史担当)とそこの学生2名、
別のゼミの学生1名、1回生2名と私の合計7人。
先生と私が運転手です。

朝は瀬田駅に9:15集合だったのですが、
なんせ瀬田だし、混んだらいけないと思い、
余裕をみて1時間前くらいには家を出ようと計画・・・
してたものの、
前の晩、3時くらいまで(締め切りが迫ってて)起きてたので、
6時の目覚ましに全く気づかず、
ふと目が覚めたのが7時半過ぎ。
「うおー!これはやばい!」と思ったけれど、
そこからお風呂に入って、用意して、8時半過ぎに出発。
同じ比叡平の学生をひろって、
コンビニに寄って、朝ご飯を買って、
山を下りだしたのが8:45。
着いたらジャスト9:15でした。ほっ。
で、まず向かったのは開館時間10時のMIHO MUSEUM
ここは学部生の頃に1度行ったきり。
博物館実習の夏休みの課題で、見学レポートを書いたかな。
その時は送迎バスで行きましたが、
長い山道が苦痛だった記憶があります。
今回は自分で運転だったので、しんどくなかったな。
10分前に駐車場に着き、まさに予定通り。
というのも、駐車場から建物まで、歩かないといけないから。

IMG_2628.JPG

トンネルをくぐって行きます。

IMG_2630.JPG

向こうから見えて来たのは電気自動車です。
美術館入り口まで、往復しています。

IMG_2635.JPG

ようやく出口が見えてきました。結構な距離ですね。

IMG_2638.JPG

トンネルを抜けると吊り橋。
放射線状のワイヤーが、遠近感を強調してます。

えー、実はこの美術館、
なんだったか新興宗教団体の施設なのですが、
トンネルを越えて、橋を渡って、
こちらの世界からあちらの桃源郷へと向かうことになってるそうです。
そういうことには興味がないので、詳しい説明は省略。

IMG_2640.JPG

ようやく着きました。

IMG_2641.JPG

館内の大きなガラス窓の向こうに見えるは、
ここの教団の宗教施設。演出ですな。

IMG_2665.JPG

ところでこの美術館の建物、なんかルーブルに似てません?
実際、設計者はルーブルのガラスのピラミッドのI. M. Pei。
それを知ってるからか、ガラスの部分だけじゃなく、
ツルツルしたベージュのマーブルっぽい建物内部も
結構ルーブルを意識してるように見えてきます。

さてさて、本題。
今回のお目当ては与謝蕪村展。
日本美術は専門外なので、
好き勝手言いながら見て回ります。
その場合、私の見学ポイントはただ1つ、
「オモロイかどうか」です。
その点、今回の蕪村展、ヒットがいろいろありました。
カタログ買ってきたので、ちょっとだけご紹介。
気になるページをテキトーですがカメラで撮ってみました。
是非、写真をクリックして、アップにして見てください。

IMG_2737.JPG

「おれがはらの かわをためして見おれ にゃんにゃん」
相当ツボです。にゃんにゃん。

IMG_2738.JPG

「書窗懶眠
学問は 尻からぬける ほたるかな」
私の場合は鼻から抜けていきますな。

IMG_2739.JPG

「猫ハ応挙子が戯墨也 しゃくしハ蕪村が酔画也
ちいもははも 猫もしゃくしもおどりかな」
「猫もしゃくしも」でホントに猫としゃもじを描くってか。
2人で描いてて仲良しね。
というか、応挙が蕪村のペースに巻き込まれてる!!

IMG_2740.JPG

この図録、結構なボリュームで、中の作りも立派でした。
今回のメインの一つ、銀地で六曲一双の山水図屏風を図録の帯にして、
(そもそも図録に帯があるところがリッチな感じ)
カッチョ良く仕上げてると思いきや・・・

IMG_2741.JPG

帯の下には「居眠りの図」!
そういうとこが大好きよ。

そんなこんなで今回、再確認したこと、それは、
「日本美術は不真面目だ!」ということ。
一緒に行った学生たちは
私と展覧会に行くと突っ込みが入るので「オモシロイ」と言いますが、
突っ込まんでいられる方がおかしいやろ。
いや、その世界にいると、
周りから見たらおかしなことが、当たり前に見えてしまうこともあるか。
それでもやっぱり、絶対、ぜったい、ゼッタイ
古代から一昔前までの所謂「日本美術」は不真面目だわ。

そのことを田○先生と話していると、
「それは確かにそうかもしれない」と同意。
先生が思うに、「真面目なものは絵にならない」らしい。
あっはっは。納得。

ということで、予想以上に「お腹いっぱい」の蕪村展でした。
本来ならばここで常設展を見て回るところですが、
今回はもう一つ予定があるので、先を急ぎます。
(一応、殆ど見てないけれど、一周しておきました)
この時点ですでに11:45。

とりあえず、帰りは楽して・・・

IMG_2667.JPG

電気自動車で。
            (つづく・・・)
| 美術や芸術のこと | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lamm.jugem.jp/trackback/159
トラックバック