CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECOMMEND
ロッタちゃんとじてんしゃ
ロッタちゃんとじてんしゃ (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン,ヴィークランド,やまむろ しずか
幼い頃からの私のたからもの
OTHERS
QR CODE
qrcode
カウンター



なかのひと.jp
<< Porsche Museum | main | Stuttgartの美術館2本立て:その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Weissenhofsiedlung
RIMG0326

シュトゥットガルト初日、
宿近くのU-Bahn(ウーバーン:地下鉄)の駅で
資料館までの料金区間がわからず、近くにいたお兄さんに尋ねたら、
同じ駅まで行くので、と美術館の前まで連れて行ってくれました。
話をしていると、彼は学校の先生らしく、遠足帰りだったそうです。
引率か。それでまわりに子供がいっぱいいたのね。
で、何しに来たのかなどと尋ねられ、
いろいろと話していると、
「KillesbergにWeissenhofsiedlungがあるから、
そんなに遠くないし、是非行っておいでよ」
とのアドバイスをいただきました。
ああ、あれはシュトゥットガルトだったのか、と気付き、
時間を見つけて行こうと、考えておりました。
Weissenhofsiedlung(ヴァイセンホーフジードルング)というのは、
「白い家の団地」というような意味ですが、
ル・コルビュジエを筆頭に、当時の建築家たちが1927年に設計した住居群で、
「Siedlung(住居)」という実験的な展覧会に際して作られたものです。
そのうちのいくつかは今も人が住んでいますが、
コルビュジエ設計の家が公開されていて、中に入ることができます

Website:Weissenhofsiedlung

もともとこの日に
シュトゥットガルトの美術アカデミーが今どんな風になっているのかと
折角なので足をのばして見に行こうと計画していましたが、
調べてみると、Weißenhofsiedlungと同じ場所にありました。
なんだ。らくちん。
実際、この再建プロジェクトにも、
アカデミーの学生が関わっているとか。

RIMG0305

Killesbergの駅で。
右が立つ人(stehen:stand)、左が歩く人(gehen:walk)。
わかりやすいね。
と思ったら、
上にver-とかent-とかついていて、シャレになっていました。
verstehen:understand
entgehen:escape
まずはアカデミーから。

RIMG0348

アカデミーの旧館と、

RIMG0322

新館。

とりあえず旧館に入ってみましょう。
土曜日だから誰もいないね。
というか、夏休みか。

RIMG0312

RIMG0313

中が透けるロッカー。

RIMG0316

RIMG0317

RIMG0318

RIMG0319

RIMG0320

RIMG0321

芸大のアトリエ棟と同じ匂い(臭い?)がしました。
いや、もちろんこっちの方がよほどきれいですが。
それにしても、本当に誰もいない・・・。
そろそろWeißenhofsiedlungに行こうと外へ出ると、

RIMG0324

さっきいっぱい見たポルシェが入って来た!
かえるだ、カエル。

で、お目当てのWeißenhofsiedlungへ。

RIMG0308

アカデミーのすぐ横のブロックが、もうその団地になっています。

RIMG0307

確かに、名前の通り白い。

RIMG0329

公開されている建物の入り口。
ドア横の壁はえび茶色。

RIMG0330

ドアノブは真ん中なのですね。はい。

IMG_1671

まずは当時の写真。

IMG_1685

とっても狭いので、展示はプッシュ式になっています。賢い。

IMG_1694

模型が並びます。たくさんありますね。

IMG_1701

角丸がかわいい。

IMG_1702

というより、アールがかなり多用されてます。

IMG_1744

階段から見たところ。

IMG_1757

中まで真っ白というわけではありませんでした。
バウハウスのアム・ホルンの家よりも、
中がカラフルという点では、
2002年に行ったマイスター・ハウスに似てますね。
そういえば、2002年のドイツ滞在中にも日記を書いていましたが、
そのデータはもうウェブにはなく、今は家ですね。
帰ったら何とかしよう。

IMG_1760

マイスター・ハウスよりも更に落ち着いた感じ。
奥に見えるのはバウマイスターの作品ですね。
本物じゃないけど。

IMG_1734

屋上に出てみました。

IMG_1715

シュトゥットガルトの町を一望。

IMG_1731

茶色いレンガの色が町並みにはまだまだ多い。
屋根のせいかな。

IMG_1748

建物の裏側へ。

IMG_1747

おお、この窓の形が

IMG_1752

この入場券代わりのシールにあったように
ここのマークなんですね。

IMG_1781

お庭もあります。

RIMG0335

近所を散策。

RIMG0336

意外に植栽が多いことに驚きました。

RIMG0337

でもこの扉は動物園っぽい。

RIMG0338

誰の設計かわかるように、表示があります。

RIMG0339

あと、場所も。

RIMG0340

あ、またカエル。

RIMG0345

あ、わんこ。真っ白だ。

RIMG0353

そんなこんなで、だらだらっと次の目的地へ更に移動。
| 2009 Deutschland/Schweiz | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lamm.jugem.jp/trackback/216
トラックバック