CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECOMMEND
ロッタちゃんとじてんしゃ
ロッタちゃんとじてんしゃ (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン,ヴィークランド,やまむろ しずか
幼い頃からの私のたからもの
OTHERS
QR CODE
qrcode
カウンター



なかのひと.jp
<< Stuttgartの美術館2本立て:Intermezzo | main | 美術館@Bonn >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Stuttgartの美術館2本立て:その2
RIMG0398

なかなかたどり着かなかった最後の目的地、
シュトゥットガルト州立美術館。
通りを隔てたところから撮ったので、
なんだか邪魔な壁が入っていますが。
でもこれくらい引きがないと撮れないくらいでかい。
(というか、幅広なだけ?)
IMG_2227

新館の中庭。

IMG_2231

壁に出来る影が、モホイ=ナジの写真みたい。

IMG_2232

エレベーターの影でした。
これ自体はティンゲリーみたいだな。

RIMG0404

この美術館には
シュレンマーの《トリアディック・バレエ》の再現衣装が
常設展示されています。
今回、メインの企画展には言うほど関心はなかったので、
常設をメインにザザーッと見て回る計画。
ですが、美術館の「友の会」向けにギャラリートークが行われている日で、
常設でも20人ぐらいのご一行様が複数組も回っていました。

IMG_2235

カフェ横の小さい展示室では、1929年のドイツ工作連盟による
「Film und Foto」展に関連した企画展示がありましたが、
それに関連したイベントとして、当時の映画が上映されていました。
夜8時半くらいからの上映なのに、たくさんの人がいますね。
全部を見ているとかなり遅くなりそうだったのと、
さすがに疲れが出て来て、寝てしまいそうだったのと、
まだ展示を見終わっていなかったこととで、途中で抜けてきました。
Film und Foto(1929)@answers.com
関連項目:独逸国際移動写真展@Wiki

さあ、全体を見たけれど、
さすがに1日動き回ったので、ああ、疲れた。
甘いものが食べたい・・・
でもなあ、晩ご飯も食べてないしなあ、どうしようかなあ・・・
という悩みを解決する方法。
それは、
晩ご飯に甘いものを食べるということ。
美術館のカフェに入り、注文したのは

RIMG0421

カプチーノとルバーブのケーキ。
甘いのと酸っぱいのとで、疲れたときにはぴったりでした。
晩ご飯がそれだけ?と思われるかもしれませんが、
実は、カップもケーキも、かなり大きい。

ところで、ここの美術館は一体何時まで開いているんでしょう?
実は月に1度、最初の土曜日は、夜中の12時まで開館しているのです。
しかしその分、割り増し料金ではありますが。
この日、4カ所で入場料を払いましたが、
毎度毎度「学生さんですか?」と尋ねられました。
その度に「残念ながら違います」と答えておりましたが、
この最後の美術館で私が言った返答は
「残念ながら、『学生証』がないんです」というもの。
すると「でも、学生は学生なんですよね?」と再度聞かれたので、
0コンマ何秒か遅れで「はい!」と答えてみたところ、
受付のお姉さんは「じゃあOKにしてあげるよ!」と優しいお言葉。
まあ、夜間料金のプラスαがあったので、
言うほどの割引額ではなかったのですが、
幼く見える日本人でいて、初めて得した気がします。
でもこれも、夜で人が少なかったからですね。

ミュージアムショップのお姉さんが、
「まだ帰れないのよ」とお家だか、ご友人だかに電話していたので、
会計時に「12時までお仕事ですか?」と聞いてみたところ、
「美術館が開いているときはお店を開けておかないといけないから、
もちろん12時までよー」とのこと。
「大変ですねー、でもあとちょっとだし頑張ってねー」と
一応はねぎらいの言葉をかけてきましたが、
さすがに私も深夜までいるのは体力が追いつかないので、
10時前くらいに美術館を後にしました。

IMG_2237

外に出てみると、もう暗くなっていました。

IMG_2239

ですが、美術館はまだもうちょっと眠れません。

IMG_2242

美術館前の交差点と

IMG_2245

道路。

昔、ここで同じ構図で写真を撮りました。
車の往来が多い道路なので人の姿があまりなく、
本当にシュトゥットガルトって栄えているんだろうか、と
疑問に思ったのはこの辺りの雰囲気のせい。
そんなことを思い出しながら、
長い長い一日を終えて宿へと戻ったのでした。
12時間動きっぱなしで、くたくたくたくた。
でも予定を全部消化出来たので満足です。


おまけ

RIMG0425

いつも宿の前に停まっていた車。
電源コンセントの形なのだけれど、
ブタの鼻にしか見えない。
| 2009 Deutschland/Schweiz | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |
コメント
○○歳の学生さんへ
 12時間も活動しまくられるほどのお元気なご様子。しかもケーキとカプチーノだけで。いやいや何よりです。
こちら、昨夜は大文字五山送り火でした。例年、祇園祭から大文字までが京の夏との謂れを実感しますが、今年はやはりおかしい。梅雨明けの後、台風大雨地震。と思ったらもう大文字が終わっちゃいました。なので帰国されたらもう秋ですよー。今日も鰯雲の京都より。
| jun | 2009/08/17 8:01 AM |
えー、ケーキは私にとって、何よりのエネルギー源ですから。
日本に帰る頃、まだ残暑が厳しいのだろうなあと、覚悟しておりましたが、もしかして今年はかなりマシなのでしょうか。でも、台風やら地震やら、大変な夏でしたね。
こちらは先ほどから突然大雨が降り始めました。ただいまスイスのSchaffhausenというところです。ブログはまだシュトゥットガルトなのにっっっ!あわわわわ。
| Lamm | 2009/08/18 2:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lamm.jugem.jp/trackback/219
トラックバック