CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
PROFILE
RECOMMEND
ロッタちゃんとじてんしゃ
ロッタちゃんとじてんしゃ (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン,ヴィークランド,やまむろ しずか
幼い頃からの私のたからもの
OTHERS
QR CODE
qrcode
カウンター



なかのひと.jp
<< ANIME@BONN | main | Oldenburg >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Ketiとおでかけ
RIMG0127

ボンでの一日(半日?)を終え、
向かった先はHildesheimという小さな町。
ここはKetiさんという
7年前にもお世話になった方が住むところ。
今回、出発の少し前に、
「もうすぐドイツに行くよー」と電話をしたら、
「明日から日本に行くのよー」という答えで、
笑い話なんだか何なんだか。
Ketiさんは、大学時代に私がお世話になった
某Jun先生のお知り合い。
先生が若かりし頃、電車で「放浪の旅」をしていた時に、
出会われたというお友達。
今回は、60歳のお誕生日に、
親戚一同から日本への旅行をプレゼントしてもらったそうです。
ちなみに同行者は姪のモレナさん。

そんなこんなで、出発前には、
ケティさんの泊まる京都のホテルで会い、
その翌々日にはJun先生のお家でご飯をごちそうになりました。

RIMG0057

RIMG0058

食卓に並ぶは、先生お手製ゴーヤチャンプルーと大根餃子!
ヘルシー餃子、お見事です。

別れ際にはKetiさんとは
「じゃあまた近々!」と言ってバイバイしましたが、
先生と前回お会いしたのは、
4年前にKetiさんが日本に来られた時。
同じ日本に住んでいながら、いや、住んでいるから、
ご無沙汰してしまうのは常ですが、
さすがにドイツにいる方よりも会う頻度が低くなるのは、
無精もいいところですね。すみません。
これを機会にまたお邪魔させていただきます。

そういうわけで、ボンから向かったヒルデスハイム。
ドイツの駅には改札口というものがないので、
ケティさんはホームで待っていてくださいました。
その夜は外で中華を食べて、
いろいろとお話をしてもう遅くなったのでおやすみなさい。
翌日は一日、ケティさんと遊ぶために開けてありました。
ようやく私にとってもお休み気分です。

この日、ケティさんが連れて行ってくれたのは、
自宅から車で10分くらいのところにあるお城。
ハノーバー王ゲオルク5世が
后のマリーの誕生日プレゼントとして建てたけれど、
結局1年間しか住めなかったそうで、
あーもったいない。
マリエンベルク城サイト
マリエンベルグ城@Wiki

DSCN0138

ケティさんが私の写真を撮ってくれました。

RIMG0124

そのとき私はケティさんの写真を撮っていましたが。

RIMG0128

前日結婚式があったそうで、
そのお花が残っていました。

RIMG0130

一角にはレストランがあります。

RIMG0131

中庭。

RIMG0132

ガイドの開始を待つ人たち。
私たちもその中の二人。

RIMG0133

中世風でいいですね。
と思ったけれど、実はトイレのドア。

RIMG0135

さてお昼ご飯です。
先ほど見たレストランからいい匂いがするので、
そこで食事をすることに。
スープとサラダを注文しただけなのに、
何、この量!

RIMG0136

「特に多くないわよー」とケティさん。
いやいや・・・。

RIMG0140

食事が済んだら、またまた車で移動です。

RIMG0142

山がありませんね。平野だ。

RIMG0144

道もがらがら。

RIMG0150

目的地に到着です。
まず見たのは馬車。おお、かわいい。

RIMG0153

並木道。まっすぐ。

RIMG0155

やってきたのは、ヘレンホイザーガルテンという
先ほどのお城と同じ王様によって作られたお庭。

RIMG0160

いい天気でお花がいっぱい咲いていました。

RIMG0165

RIMG0169

RIMG0171

・・・広い。

RIMG0172

一角にはニキ・ド・サン・ファルの作った建物が。
キラキラ、いや、ギラギラ。

RIMG0186

写真に写ってみました。

RIMG0187

一緒に写ってみました。

RIMG0198

RIMG0200

さんざん撮ったところで、
「写真はダメ」と係員のおじさんに言われてしまった。

RIMG0205

入り口は地味。

RIMG0206

写真がだめなんて書いてないよ?

RIMG0208

口を開けて暑そうですね。

RIMG0211

RIMG0213

ひたすら広い。

RIMG0215

桁外れにでかい噴水。

RIMG0219

普通の噴水が地味に見える。

RIMG0227

屋外の舞台がありました。
奥行きが深くてどうやって使うんだろう?と思ったら、

RIMG0226

こういうことね。
手前だけか。

RIMG0232

一体なんだかよくわかりませんが、
写真を撮ってみた。
こういうのを記念写真というのね。多分。

RIMG0233

RIMG0234

サボテンの花を見たのは初めてかもしれません。

RIMG0250

温室内は鳥も飛び回ります。

RIMG0254

蘭はちょっとこわい。

RIMG0262

カンナは英語でもドイツ語でもカンナ。

RIMG0263

だいぶ日も暮れてきました。

RIMG0270

昼間見た並木道も少し暗くなりました。

RIMG0275

帰り道、スーパーで夕食と翌朝の食事のお買い物。
ハムだらけ。

RIMG0281

自宅に帰るとお嬢さんのミリアムがやってきました。
久しぶり。

RIMG0290

とっても人見知りで、私とは全然遊んでくれない。

RIMG0297

庭にはりんごがなっていました。

RIMG0302

家の裏側。
お庭に水を撒くケティさん。
この辺りのお家は、
戦後の住宅不足の時に建てられたものだそう。
当時は一つのお家に二家族が住んでいたとか。

RIMG0317

ミリアムが今一番かわいがっているもの、
それはペットの蛇。
「めっちゃかわいいのー」と見せなくていい、いい。

そんなこんなで盛りだくさんの、オフ日でした。
むしろオフになってない。
| 2009 Deutschland/Schweiz | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lamm.jugem.jp/trackback/222
トラックバック